♪HarmonyPark♪

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

枯れ木に花を咲かせましょう

2010.12.31 (Fri)
所用で、道路を歩いていたら枯れ木に雪が積もっていました。

RIMG1028trm2.jpg  

きれいだったので撮ってみました。
スポンサーサイト

年の瀬・雪日和

2010.12.31 (Fri)
昨日から天気があまり良くありません。
夕方には、霰がちらついています。

RIMG1014.jpg 
12月30日、午後4時頃、霰模様です。
分かりにくいですが、路面の白い粒が霰です。

夜は風がかなり強かったです。

12月31日、朝
雪が積っていました。
RIMG1027.jpg 

まだまだ降り続けています。

RIMG1026trm.jpg 

今日一日降り続くのでしょうか?

雪道での、車の運転や歩行は、十分気をつけましょう。

言葉

2010.12.28 (Tue)
昨日の朝刊(地方紙)の新生面という欄に書いてありました。

…思い出す。北京オリンピックの競泳、オープンウォーター女子10キロに出場した、ナタリー・デュトイト選手の好きな言葉
「悲劇とはゴールにたどり着けない事ではない。たどり着こうとするゴールを持たないことだ」
同選手は、事故で左足の膝下を失っているが、健常者に混じって泳ぎ切った。
・・・以上記事より。

この言葉を調べてみたら

人生の悲劇とは、ゴールに辿り着けない事ではない。
人生の悲劇とは、辿り着こうとするゴールを持たないことである。
星に手が届かぬとも、それは恥ではない。
しかし、その星を探さないのは恥である。
目標を高く持ち、夢が叶うと信じ続ければなんでも出来る。


という言葉らしいです。

良い言葉です。

雪は?

2010.12.27 (Mon)
昨夜、雪から雨に変わり、朝には道路の雪は、ほとんど解けていました。

仕事でお客様宅へ向かいました。
車で約20分位の所です。

行く道は幾通りかあるのですが、念のため海岸線を通りました。
ほとんど雪は残っていませんでした。

お昼前にお客様宅を出て、今年お世話になったピアノの先生にカレンダーを届るために海岸線を西の方へ向かいました。

そちらの方は、雪は全然残っていませんでしたが、海はかなり荒れていました。
RIMG0981dwn.jpg 

ある先生の住んでいらっしゃる所も全然雪が残っていなかったので、「雪は降ったんですか?」と聞くと、「昨日の午後から夕方にかけてものすごい雪が降ったけど、今朝起きたらもう解けていた。海岸線は風が強いので、雪が積りにくく、たとえ積っても解けやすい」と言う事でした。

そこから一山越えた隣町は、山に囲まれていて、まだ雪がたくさん残っていました。
RIMG0999dwn.jpg 

道路の雪は、除雪されていたのか、横の方に除けられていましたが、雪解け水が道路に流れ出していました。

明日の朝、凍結しなければいいのですが・・・。

2010.12.26 (Sun)
昨夜から雨が降り続いていました。

午前中、お客様の所へ向かう途中は、時々雪の結晶のようなものが混じっていました。所謂霙です。

お客様宅で約2時間の作業を終えて、お客さんと話をすると「雪ですよ」と言われ玄関を開けると、予想外の大雪が降っていました。

RIMG0973trm.jpg 
車内より撮影。

現在午後3時、まだ雪は降り続けています。
RIMG0977trm.jpg
自宅前。

明日も、朝一で予定が入っているのですが、気になります。

天草WEBの駅

2010.12.22 (Wed)
先日、ピアノの先生のお宅にお邪魔した時に”天草WEBの駅”と言う、天草市のページがあると言う事を教えてもらいました。

地元にいながら全然知りませんでした。早速家に帰ってから調べて、当方のhome pageも登録しました。

熊本県天草市の情報がたくさんあります。

一度のぞいてみてください。

天草WEBの駅 amakusa-web.jp/ 

ピアノと暖房器具

2010.12.17 (Fri)
いよいよ厳寒期がやってきました。

皆さんはお部屋の暖房はどうなさっているでしょうか?

最近は、エアコンも技術的に省エネ製品が多くなりました…が、やはり電気代は気になります。

部屋の広さによっては、エアコンでは思うように温度が上がらない事もあり、石油ストーブやファンヒータをお使いのご家庭も、かなりあると思います

しかし、ガスや石油等を燃やすことによって空気を暖める器具の場合、必ず水分(水蒸気)が発生します。
時間が経つにつれて乾燥した感じになってくるのは、その温度に対する水分の絶対量が不足しているのであって、燃焼続ける限り水蒸気の量は増え続けています。

そしてストーブ等を切った時に、増え続けた水蒸気分が結露して水滴となるのです。

エアコンとの併用なら良いかもしれませんが、石油やガス系の暖房器具の単独使用は、楽器や機械類がある部屋では避けましょう。ましてや石油ストーブにやかんをかけるのは、NGです。

理想は、エアコンと加湿器の併用、電気ストーブと加湿器の併用です。そして温度計・湿度計も必需品です。

注意:温度の急激な変化は避けましょう。

出張

2010.12.12 (Sun)
 昨日、隣県(海を挟んで・・・陸路では、間に佐賀県が入ります)の、長崎県島原市に、調律に行って来ました。

経路は、私の住んでいる本渡から鬼池まで車で約20分、鬼池港発8:00のフェリーに乗船出発です。
RIMG0987trm.jpg 

客室は、数列に並べられた飾り気のないビニール製のベンチシートです。
rimg000.jpg 

約30分後口之津港に接岸しました。
RIMG0991trm.jpg 

接岸してからゲートが下りてフェリーを降りるまで約5分程かかります。

口之津から、島原までの距離、約40キロ弱、制限速度50キロで、約50分かかります。

あいにくこの日は天気が悪く、島原のきれいな景色は、撮れませんでした。
島原で、2件のお客様のピアノを調律して、2件目の家を出たのが16:15分でした。

フェリーの時間は17:00と、最終が17:45です。
急げば17:00には、ギリギリ間に合うかもしれなかったのですが、”まあ最終でもいいや”と思った瞬間、前回、島原に来た時の事を思い出しました。

やはり、今回と同じ2件のお宅のピアノを調律して、最終便に載るつもりで、約50分かけて口之津港へ着いた時、時間的にはもういるはずのないフェリーが、たった今港を出たばかりでした。
不思議に思い窓口に行くと、「強風のため、次の最終便は、欠航になりました」とのこと。
つまり、今出て行った便は、強風のために運行時間がずれ込んでいた、最終便のひとつ前の便だったのです。

もうここからは、今日、天草へ渡る方法はありません。
仕方なく島原港へ電話すると、「島原~熊本港へは、問題なく運行している」との事。そこでまた島原へ向かう事にしました。50分ほどかけて島原港へ着き、窓口へ行くと、乗ろうとしていたフェリー(オーシャンアロー・運行時間30分)は、「強風のため欠航」と言う事。(電話の内容と話が違う)
ただ、最終のフェリー(九州商船)は運航するとの事だったので、一時間程待ち、そのフェリーで、1時間かけて熊本港へ渡り、そこから、約2時間かけて、車で自宅へたどりついたという経緯です。

今回も風が出てきだして、道端のお店の旗が激しく揺れています。いやな予感がしたので、17:00のフェリーを目指す事にしました。目標は少し余裕を見て16:55です。と言う事は、あと40分しかありません。
道路の制限速度は、50キロとなっています。普通に考えれば無理な話です。

途中信号に何度も引っかかり、もう駄目だと思いながらも、最後まで僅かの可能性を信じて走ってきました。
後僅かの所で55分を回ってしまいましたが・・・結局58分に港に着き、チケットを買い無事乗船出来ました。

もちろん制限速度は・・・秘密です・・・(しかし60キロは超えていません)。

帰りのフェリーの客室は、来た時とは違うホテルのラウンジを思わせるようなしゃれた造りになっていました。
RIMG10220trm.jpg 

ここの航路(鬼池~口之津)は、2隻のフェリーで、両港同時出港運航しているので、運が良ければ?こちらのフェリーに当たります。

ご参考
amakusaunzenmap,jpeg

 

続…害虫

2010.12.10 (Fri)
害虫の事は、6月17日と10月29日のブログでも書きましたが、今回は状況をリセットして、改めて観察してみたいと思います。

害虫、ヒメマルカツオブシ虫は、今までの生き残りの3匹です。

餌は、特に被害が大きい鍵盤周りのクロスです。
丸いのが鍵盤の下に敷かれている、雑音防止、及びショック吸収目的のバランスパンチングクロスと呼ばれているものです。
長方形は、鍵盤の雑音防止や、動きをスムーズにして、傾きや横ブレを防止するブッシングクロスです。
材質は、羊毛です。(最近のは、化学繊維もあるかもしれません。)

RIMG0985.jpg  

容器も掃除をしたので、これからどのようにして被害が進行していくのかわかりやすいと思います。

季節的に寒い日が続くので、害虫の食欲が心配ですが・・・。
 
・・・To be continued・・・. 


ピアノの巻線の変色

2010.12.02 (Thu)
ピアノの低音域は芯線に銅線が巻きつけられています。
理由は、ピアノ線を太くするためです。
ピアノ線で低い音を出すためには、弦を長くすること・弦を太くすることが考えられます。
しかし芯線だけでそれをしようとすると、音響学的やスペースの関係で無理があります。
そこである程度の長さの芯線に銅線を巻いて太くするという事です。

通常銅は茶色っぽいきれいな色をしています。
巻線も新しいうちは、きれいに輝いています。それが年数が経つと輝きがだんだん無くなってきて管理次第では錆が付いたりします。
錆が付いた巻線は良く見ますが、次の画像のような変色した巻線はあまり見た事がありません。
CIMG2255trm.jpg 

海に近い家なので潮風の影響かなとも思いましたが、そうでもなさそうにも思います。

次の画像をご覧ください。
CIMG2257trm.jpg 
中音域最初の部分です。

巻線は変色していますが、芯線に錆は見られません。潮風が原因であれば芯線にも錆が付くはずだと思います。
一つ気になる点は、この家は空調の吹き出し口が天井についていて、風が直接ピアノにもあたります。
その空調の風が、銅を変色させる空気中の何らかの成分を、ピアノの内部に吹き込んでいるのではないだろうかと考えていますが真偽の程はわかりません。
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。