♪HarmonyPark♪

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共鳴!犯人…人?…は?

2011.01.31 (Mon)
 調律の途中、次高音部(鍵盤全体の真ん中より少し右側)で嫌な音がします。 
                RIMG1120txt.jpg

この辺りは、他の場所への共鳴や、弦とベアリング(フレームの弦を押さえている部分の事)部分でビリつくような雑音が出る場合があります。ビリつきの場合は、直すのに一苦労しますし、最悪の場合弦交換の場合もあります。(弦交換そのものは簡単ですが、交換した弦は狂いやすいのが欠点です)。
共鳴なら、その付近のねじ(屋根部分のヒンジや、本体裏側のネジ、ペダル取り付け部分のネジ)を締めたり、少し押さえたりすると直る場合があるので、試してみましたが直りません。響板の上にも何か落ちていないかと、マグネットピックアップでさらっと探ってみましたが何にも落ちている気配はありません。共鳴でないとすると、あとは弦とベアリング部分のビリつき音しかないので、厄介なことになる前に(お客さんからは特に問題は聞いてなかったので)その部分のことは気にしないようにしようと思いましたが、一度気になると耳につきます。
もう一度ネジの緩みを確認しましたが問題はありません。ピアノの周りにも共鳴しそうなものはありません。しかし依然と異音はします。
最後の手段として、もう一回マグネットピックアップで、今度は念入りに、響板の上を隅々まで探ることにしました。                                                                     
                  RIMG1142t.jpg
        すると、最高音部右端付近で、”カチッ”とマグネットに何かがくっつく音がしました。                                
   RIMG1143t.jpg    RIMG1140t.jpg
   よく見ると、ペン用の金属性のキャップでした。 異音の原因はこれです。無事に解決できてよかったです。

十数年前の話ですが、新品のグランドピアノの納入調律に行った時のことを思い出しました。
調律をしている時に、やたらと大きな雑音がしました。ネジの緩み等を調べましたが問題ありません。そこで響板を指でたたいてみると、ゴトゴト異音がします。そして、今回と同じように長めの棒を差し込んで探っていたら、コロコロとネジ山のつぶれたピアノ用の木ネジが出てきました。メーカーにはクレームとして報告は出しましたが、新品でさえこのような事があるのです。ましてや市場に出てしまえば、何でもありの世界です。市場では、多くの経験がものを言います。



スポンサーサイト

史上初!こんなことがあるのでしょうか?

2011.01.29 (Sat)
今朝の新聞を見てびっくりしました。
皆さんの中にも挑戦を続けている方もいらっしゃるかも知れませんが、
全国自治宝くじナンバーズ3・ナンバーズ4の2011年1月28日の抽選結果です。
RIMG1132t.jpg
ナンバーズ3は、2並びの数字、ナンバーズ4は、1並びの数字が出ました。
思いついてもなかなか決断できない数字です。
皆さんの結果はいかがだったでしょうか?
どちらか一方のくじで、並び数字が出たのなら「そんなこともあるのかな…」くらいにしか思いませんが、同じ日に両方のくじで並び数字が出るのは、これから先もあるのでしょうか?
ちなみに私は、ナンバーズは買っていません。

ご参考
ナンバーズの仕組みhttp://www.ts4-net.com/husya.html

続…虫害

2011.01.28 (Fri)
12月10日に虫害の事を書きました。
それから忘れていましたが、ふと思い出し虫の様子を見てみました。
RIMG1071trmt.jpg 

赤い矢印が害虫にかじられた跡です。寒いからでしょうか?あまりひどくはありません。
黄色の矢印が、害虫です。12月の時は、3匹いたのですが、2匹に減っていました。
呼吸用の容器の穴は、針でほがしたようにごく細かい穴なので、この穴からの出入りはまず無理です。
と言う事は共食いでもしたのでしょうか?心なしか虫が太っているような気がしました。
もうしばらく観察をしてみます。

防災ヘリ

2011.01.25 (Tue)
家の前が運動公園になっていて、時々救急防災ヘリが来ます。
二日前も来たのですが、着陸した向きがいつもと違っていました。
RIMG106402trm.jpg 



いつもはこの向きで着陸します。
RIMG0979trm.jpg 
いつもとパイロットが違っていたのでしょうか?

とにかく、無事に患者さんを乗せて離陸しました。
RIMG106802trm.jpg 
天草地方は、一応天草五橋という橋で繋がっていますが、高度医療が出来る熊本市内の病院までは、車で行くと二時間近くかかってしまいます。そこでこのヘリの出番と言う訳です。このヘリだと20~30分でしょうか…。

出来れば乗りたくはありませんが、いざという時には心強いものです。 

隊員の活動の記録がありますので、 「防災ヘリ熊本」 で検索してみてください。






 

残雪

2011.01.22 (Sat)
今日は、珍しく天気が良かった。
山間部の家に行って来ました。

車を降り、ふと軒下を見ると、何やら1メートル位の白く細長い物体が見えます。
近づいて良く見ると雪の塊でした。

KC290176trm.jpg 

雪が降ってから3週間近くなりますが、良く残っていました。
おそらく日中もほとんど、太陽や風も当らないのでしょう。

今年の冬は、例年になく寒いようです。
まだまだ寒い日が続きます。体調管理をしっかりしましょう。

油断大敵!

なぜ?

2011.01.19 (Wed)
普段の仕事のなかで、時々出くわす事です。
ピアノの内部で、鍵盤を支えている、バランスレールとバランスピンと言うのがあります。
upbalanceframe.jpg 

このバランスピンが腐食しているピアノに時々出くわします。
次のピアノの場合、ほとんどのバランスピンの根元が腐食しています。
KC290152trm.jpg 
通常の演奏には特に支障はないのですが、腐食がピンの上の方まで来る、と鍵盤の動きが悪くなります。
この様な腐食が起こる原因は、過度の湿気や虫害が考えられますが、このピアノの場合、過度の湿気はありません。
ピアノの弦にも、錆は見当たりません。もちろん虫害もありません。経過年数は、まだ15年位です。
なぜこのような事が起こるのでしょうか?

設置環境の問題か? それともそれ以前の、我々ではどうする事も出来ない事に原因があるのか?

カワイピアノの?

2011.01.18 (Tue)
不思議な?ピアノに出会いました。
通常ピアノの弦は、音を出す目的で張られています。

このピアノは、カワイのハイグレードのピアノで、製造は1987年頃です。 
RIMG0996tr.jpg 
弦の所をよく見ると、左の二本の弦には、ハンマーが当たりません。

少し角度を変えてみました。
RIMG0997tr.jpg 
左の二本の弦には、確かにハンマーは当たりません。
1Keyの左側に、発音しない(音が出ない)弦が二本余分に張ってあります
一応チューニングピンで張ってあるので、調整は可能でしょうが、音合わせは無理です。 (意味がありません)
では何故、これらの弦が張ってあるのか?  webで調べてみましたが、分かりませんでした。
おそらく張力のバランスを取るためか?  …共鳴のため?  …いや共鳴はないでしょう。   だって、ダンパーが付いています。
ひょっとしたら響板のクラウン(盛り上がり)の調整のためかもしれません。  それであればチューニングピンで張ってあるのも理解出来ます。…いや、この考えにも無理があるか…な?
ずっと前にも、同じような仕様のカワイピアノに出会ったような記憶があります。

現在は、こんな凝った作りをするピアノがあるのでしょうか?

この冬一番の寒気

2011.01.16 (Sun)
昨日夕方から、また雪が降り出しました。
しかし風がとても強いので、多分積雪は無いだろうと思っていました。

朝起きて外を見ると、やはり道路は何事もなかったかのように乾いていました。
雪は、道路わきの草に、僅かに残っている程度でした。

しかし、寒い!

廊下の温度計を見ると、4℃です。
年末から正月にかけて、記録的な積雪があった時でも、6℃位はありました。

この冬一番の寒さです。

今日は、朝から仕事が入っていたので、雪が心配でしたが、それは大丈夫でした。

お客さんの所は、エアコンが効いていて、普段持ち歩いている温度計を鞄から出すと、見る見る温度が上がっていきます。
最初は、15℃位が作業が終わる頃には、22℃位になっていました。

22℃位はピアノにとって本来は一番いい温度なのですが、部屋を使わない時にはエアコンを切られると思うので、その温度差を考えると……。

お客さんに、「ピアノを弾かれる時には、出来るだけ今ぐらいの温度(調律時の温度)で弾いてください。」とお願いして作業を終わりました。

外は、思いがけなく天気が良く、車の中はとても真冬とは思えない位に暖かくなっていていました。

この冬、天気のいい日には、止めた車の中で過ごすのもエコかも。

空中歩行の法則

2011.01.14 (Fri)
空中歩行の法則

人は、前に歩く時は、普通片足を上げて前に踏みだしておろしてから、反対側の足を同じように上げて前に踏み出しておろす、このくりかえしで、歩行が出来ます。

空中歩行の法則とは、あげた足が地面につかないうちに反対の足を上げる、これを繰り返すと理論上では空中歩行になります。

しかし実際には無理です。

では、これを普段の行動に置き換えたらどうなるか?

気持ちの持ち方の問題ですが、何か行動をしなければならない時に、”やりたくない” と思う前に行動を起こす。

部屋が汚れていれば、”めんどうだ” と思う前にそうじをする。

学生で言えば、たとえ部活などで疲れて帰っても、やらなくてはならない事(食事、風呂、宿題など…)があります。この時、 ”疲れた” と思う前に行動に移す。 ”やりたくない” と思う前に行動に移す。

ピアノの練習でも、”疲れている、時間がない、練習したくない” と思う前にピアノに向かう。(実は、これが言いたかったのです)

”やりたくない” と思う前に行動に起こす。

私自身この事を、空中歩行の法則(”片足が下りる” 前にもう一方足を上げる)と置き換えて、常々心がけていますが、実際は、……。

空中歩行の法則とは、私が勝手に思っているだけで、実際にはこのような法則はありません。
 しかし、覚えておいて損はしないと思います。









不良硬貨

2011.01.11 (Tue)
夜、自販機でドリンクを買おうと思い、100円硬貨を投入しましたが戻ってきます。
何度やっても、自販機が受け付けてくれません。
結局何も買わずに帰りました。
家に帰って100円硬貨を見てみましたが、偽物ではないようです。
しかしよく見ると、サイドのギザギザがなくなりかけていました。(右側の硬貨)

RIMG1085.jpg

RIMG1084.jpg

左側は、平成8年製、右側は昭和55年製でした。
他に昭和製造のを探したら、昭和48年のがありました。これはギザギザはほとんど減っていませんでした。
お金も扱い方しだいで程度に差が出るようです。(当然でしょう)
たかが100円かもしれませんが、今回ドリンクが買えなかったことは事実です。
自販機とお金の相性もあるでしょうが、
こういうことがないように、お金の取り扱いには注意しなくてはいけません。

わざわざブログに書く程のことではないです・・・・・・か?


 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。