♪HarmonyPark♪

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

細幅鍵盤

2012.02.15 (Wed)
先日、ドタキャンで時間があったために昔の本を読みなおしてみました。
中田喜直先生著書(1994年)の「音楽と人生」です。
その中に、ピアノの鍵盤の事が書いてありました。
ヴァイオリンやチェロなどは、子供用サイズがあるのになぜピアノにはないのか?と言う事でした。
確かに、幼児と大人では手や体の大きさは全然違うのに、ピアノの鍵盤は同じサイズだという事です。
実際、子供には無理があります。
ピアノメーカーでも、一時期細いサイズの鍵盤も特注で準備していた時代がありました。細幅と言っても鍵盤幅(オクターブ)で約1cm細くなる程度です。当時ピアニストの試弾でも全然問題ないという意見があったように記憶しています。しかし普及しなくて現在はカタログには載っていません。(メーカーに交渉すれば作ってくれるかもしれませんが…)
なぜ普及しなかったかと言うと、練習では細幅鍵盤でやっていても、発表会やコンクールの会場のピアノの鍵盤は普通のサイズだから不都合があるという事です。
しかし実際にはそうでしょうか?おそらくオクターブで1cm程度しか違わないピアノが一台そこにあっても、誰も気が付かないと思います。それよりもオクターブが楽に届くので「何でかかわからないけど、弾きやすいピアノ」と感じるはずです。それだけ人間は順応性があります。
当時はまだ景気が良く、ホールは大抵ピアノを複数台用意していました。それも、S社のピアノです。
そのように複数台準備出来るのであれば、一台は細幅鍵盤を入れるという動きがあれば良かったのかもしれません。そして、演奏者にはその違いを知らせる事無く選定してもらい、弾きやすい方を使ってもらえばよかったのです。
今からでも遅くはないと思います。また細幅鍵盤を復活させてほしいと思います。
そして、積極的にホールへ細幅鍵盤のピアノを売り込んでほしいと思います。
世間が理解してくれれば、そこにまた新たな商機が生まれるような気がします。
実際ペダルに関しては、ペダルに届かない人のために補助ペダルが理解されて、たくさんの種類が出ています。
細幅鍵盤が邪道なら補助ペダルもまた然りです。
スポンサーサイト

お金が…

2012.02.11 (Sat)
調律の依頼を受けたピアノが埃っぽかったので、先ず鍵盤を外して掃除をする事にしました。
鍵盤を外していくとお金が出てきました。穴のなかには鉛筆も見えます。
CA3J0270.jpg
画像にはありませんが、錆びた単三の乾電池も出てきました。
お金は勿論お客様に渡しました。
ピアノから出てきたお金の今までの最高は、500円硬貨一枚です。
札が出ればお客さんもきっと喜ぶ事でしょう…まさかヘソクリと言う事は無いでしょうから…。
因みに、今まで札が出た事はありません。

心構え

2012.02.07 (Tue)
先日ものすごく寒い日に調律が入りました。ここは毎年暖房が入りません。前もってそれが分かっているので心構えが出来ています。調律中はやっぱり寒かったのですが、指がかじかむ事もなく出来ました。
CA3J0250.jpg
これが前もっての心構えが無いと指がかじかんで思うような作業が出来ません。
この時期暖房には気を使います。調律の時だけ暖房を入れて終わると切るくらいなら、調律時も暖房なしの方がいいです。その方がピアノへの負担も少ないです。そしてピアノを使う時には、足元に電気ストーブを置けばいいのです。
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。