♪HarmonyPark♪

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100均パワー

2014.03.19 (Wed)
100均で買ったネジフックです。板にねじ込むときに少し硬かったのをそのままねじ込もうとしたら折れてしまいました。しかも同じ場所で3個ともです。
RIMG1830.jpg
木ネジでも、ねじ込んで行くうちに折れてしまったこともあります。
接着剤もいまいち弱い。
やはり値段相応です。
スポンサーサイト

補助ペダル

2014.03.17 (Mon)
前回補助ペダルを補助台の代わりに使うと言う事を書きました。その続きです。
「補助ペダルを補助台の代わりに使う」と言う事は、ペダル押さえはとりあえず不要になります。そこでペダル押さえを外した状態で使われているのをよく見かけます。しかしその状態で長く使ううちに、いざ本来の補助ペダルとして使うときに「ペダル押さえが見当たらない」と言う事を聞いたことがあります。そこで考えたのが外したペダル押さえを補助ペダル本体に保管するという方法です。保管位置への取り付け取り外しは、抜き差しするだけです。ついでに取り付けネジも外して本体に保管します。ねじは本体にねじ込んでいるだけです。
pedal2.jpgpedal1.jpg

補助ペダル用補助台?

2014.03.08 (Sat)
小さい生徒さん用に補助台を使われている先生で、生徒によっては普通の補助台では少し低いので補助ペダルのM-60を補助台代わりに使われている先生もいらっしゃるようです。参考までに市販の一般般的な補助台で一番高くした状態で約23㎝です。補助ペダルのM-60は約26㎝あります。
そこで小さい生徒にはM-60を補助台代わりに使われると言う事です。しかしM-60にはペダルがついているために足に(靴に)当たる場合があります。そこでM-60用の補助台を作ってみました。
hphojyodai.jpg

M-60に取り付けてみました。
hphojyodai2.jpg
材料は厚さ3mmほどの軽い合板と段ボール、フェルト、滑りとめシート、黒のペンキ、接着剤です。
足置き面と底に合板、側と柱に段ボールを使用、ペダルが入る窓にフェルト、底板には滑りとめシートを張ってあります。全体を黒のペンキで塗りました。重さは約580gです。強度は段ボールと板を接着する際接着剤がある程度乾くまで足置き面に私が乗って全体重をかけていましたので問題ありません。
このM-60は、高さの調節(上下)ハンドルを指一本で回せるように軽くなる細工をしているので補助台としても十分使えると思います。ハンドルの位置も左右逆に付け替えています。
補助ペダル
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。