♪HarmonyPark♪

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空中歩行の法則

2011.01.14 (Fri)
空中歩行の法則

人は、前に歩く時は、普通片足を上げて前に踏みだしておろしてから、反対側の足を同じように上げて前に踏み出しておろす、このくりかえしで、歩行が出来ます。

空中歩行の法則とは、あげた足が地面につかないうちに反対の足を上げる、これを繰り返すと理論上では空中歩行になります。

しかし実際には無理です。

では、これを普段の行動に置き換えたらどうなるか?

気持ちの持ち方の問題ですが、何か行動をしなければならない時に、”やりたくない” と思う前に行動を起こす。

部屋が汚れていれば、”めんどうだ” と思う前にそうじをする。

学生で言えば、たとえ部活などで疲れて帰っても、やらなくてはならない事(食事、風呂、宿題など…)があります。この時、 ”疲れた” と思う前に行動に移す。 ”やりたくない” と思う前に行動に移す。

ピアノの練習でも、”疲れている、時間がない、練習したくない” と思う前にピアノに向かう。(実は、これが言いたかったのです)

”やりたくない” と思う前に行動に起こす。

私自身この事を、空中歩行の法則(”片足が下りる” 前にもう一方足を上げる)と置き換えて、常々心がけていますが、実際は、……。

空中歩行の法則とは、私が勝手に思っているだけで、実際にはこのような法則はありません。
 しかし、覚えておいて損はしないと思います。









スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。