♪HarmonyPark♪

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

害虫

2011.04.16 (Sat)
今日、久しぶりにお客様のところのピアノから害虫が採取できたので、昨年6月から飼い?続けている容器にまた入れることにしました。
昨年6月に仕入れた害虫は定期的に観察はしてたのですが、一月ほど前に見たときには全滅しているようだったので、また新たに探していました。
容器を明るいところに出してみると、小さい虫が二匹います。一匹は元気に動き回っていました。
全滅していたと思っていたのが生きていたのです。
体長は約4ミリ程度なので肉眼では形が良くわかりません。デジカメで撮って拡大してみるとはっきりと形がわかります。まさにヒメマルカツオブシムシの成虫です。
RIMG1345hime.jpg

昨年6月に幼虫状態で採取してから何度か脱皮を繰り返し、成虫になって今生き残っています。
生命力のすごいこの虫がピアノの中に入り、卵を産み成長する。その過程でピアノ内部のフェルトやクロス類をえさにするのです。被害が大きくなるはずです。

ピアノの鍵盤の表面に赤や緑色の埃が現れたら要注意です。
確実に害虫はピアノ内部に侵入しています。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。