♪HarmonyPark♪

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疲れるピアノ

2011.07.29 (Fri)
「梅雨が明けたらピアノを見てほしい」と言われていたお客さんの所へ行って来ました。
ピアノは、K社のアップライトです。
作業に入る前にお客さんから「時間は1時間位ですか?」と聞かれたので「1時間半位はかかります」と答えてピアノの外装を取り外しました。
ある程度は予想していたのですが、うんざりするほど湿気の影響を受けています。

KC290255sd.jpg
これを全部修理して調律までやるととても1時間半では終わりません。
幸いに何とか音は出て、連打も出来るようなので中音域を修理してあとは応急処置で済ませる事にしました。
そして調律をしましたが、音が合いません。
メーカーも出荷の際点検調律はするのでしょうが、何でこんなピアノが顧客のもとへ届くのか理解に苦しみます。

音が合わないの仕方無いとしても、湿気の影響で音が出ないのではどうしようもないので、お客さんには「カバーは掛けないで下さい。天気のいい日には部屋の風通しをよくして下さい。そして頻繁にピアノを使ってください。」と話をしました。

このようなピアノの調律をした後は、2~3日調律の感覚がどん底に落ちてしまいます。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。