♪HarmonyPark♪

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランツ・リストのピアノ協奏曲

2010.02.10 (Wed)
家で、リストのピアノコンチェルト第1番・第2番のCDを聞きながら仕事をしていた時、いつの間にか再生が終わってしまいます。

もう一回聴いても、またいつの間にか終わってしまいます。

なぜか疑問に思いながらもう一度聞くと、各楽章の切れ目がほとんどないのです。

通常のコンチェルトだと、各楽章間は間があるので、次の楽章への心構えが出来ますが、リストのコンチェルトは注意して聞かないと、いつの間にか終わってしまいます。
そういう意味ではBGMとしていいかもしれません。

私は、クラウディオ・アラウとスヴャトスラフ・リヒテルのCDを持っているのですが、リヒテルのテンポは速い。いやアラウが遅いのかな?第1番はアラウが21’00”なのに対してリヒテルは18’26”です。

第2番は、アラウが22’23”に対して、リヒテルは、20’46”です。

リヒテルの録音は、1961年のです。

若かりし頃のリヒテルの演奏は、速かったのでしょうか?


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。