♪HarmonyPark♪

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作曲家

2010.02.15 (Mon)
1987年出版の音楽の友・別冊「PIANO&PIANIST」という本があります。

特集にピアノ名曲1500と言うのがあり、作曲家別にピアノ曲(オルガン・チェンバロ含む)約1500曲の解説が107ページに渡り書いてあります。

作曲年や曲調、楽章構成、曲想等を調べるのに重宝しているのですが、索引がないために作曲家を探すのに結構苦労をします。そこで自分なりに索引を作りました。
そしてせっかくだから作曲家の生まれた国を調べてみました。

全部で233人の作曲家が載っています。

一番多いのがドイツで44人、二番がフランスで42人、三番目がロシア(ソビエトを含む)で23人、
四番目アメリカ21人、五番目オーストリア18人、六番目日本17人、七番目イタリア13人、
八番目ポーランド9人、九番目チェコ8人、十番目イギリス7人、以下ハンガリー6人、スイス5人、
ルーマニア4人、スペイン・ベルギー3人ずつ、その他デンマーク、ノルウエー、中国、ブルガリア、アルゼンチン、スウェーデン、メキシコ、フィンランド、ブラジル、韓国がそれぞれ1人ずつとなっています。
この数字はあくまでもこの本に載っている作曲家の数です。

ピアノの原型は、1709年にイタリアのクリストフォリーと言う人が発明しました。
それなのにイタリアの作曲家が意外に少ないようです。
次回はピアノの発達と作曲家の関係、その辺のいきさつを少し調べてみようと思います。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。