♪HarmonyPark♪

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノ音楽誌「ショパン」

2010.03.19 (Fri)
ピアノ音楽誌「ショパン」4月号が届きました。
表紙は小山実稚恵さんです。相変わらず綺麗ですね。

今年はショパン生誕200年であり、ショパンコンクールが開催される年です。
小山さんは、今年のショパンコンクールの審査員に選ばれています。

最近のピアノコンクールは、アジア勢の活躍がすごいです。今年はどんな人が話題を集めるのでしょうか・・・?。

前にも書きましたが、まさか辻井伸行君は・・・出ないでしょう。

4月号を見てみると、”2010年春&夏来日ピアニスト世界の名手がここに集う!”というページがあります。

今年もそうそうたるピアニストが来日します。

イーヴォ・ポゴレリッチも来日するようです。
ここ数年のポゴレリッチは、写真で見る限り様子がおかしい。私は彼のファンではないし、演奏も聴いた事はないし、CDも持っていませんが気になります。

80年のショパンコンクールで、第3次予選で落とされたことに対して、審査員の一人であった、マルタ・アルゲリッチが激怒して「彼こそ天才」という言葉を残して審査員を降りるというエピソードが残っています。

彼は51歳、まだまだ引退するには早すぎます。これからもポゴレリッチらしい演奏を期待します。
一度CDを聞いてみようかな・・・・。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。