♪HarmonyPark♪

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

補助ダンパー

2010.11.15 (Mon)
ヤマハピアノのU1タイプ(高さ121cm)のピアノで「中音域最初の鍵盤の音が少し残る」とのことで見に行ってきました。
止音は一応できていましたが倍音がわずかに残る状態でした。

中音域最初の部分は低音弦と交差しているために短いダンパーしか付けることしか出来ませんので、ピアノによっては、僅かに止音不良気味になる時があります。

U3(高さ131cm)タイプはほとんど補助ダンパーが付いていますが、U1タイプは付いているのと付いていないのがあるようです。

今回のピアノはついていなかったので自作しようと思い、直径3ミリ程の金属の棒をホームセンタで買ってきて作りました。
補助ダンパーの形や寸法はあらかじめ調べてあったのでまねて作りました。
 たたいて平たくして、さらに削って曲げてフェルトをつけて完成です。

取り付けるとバッチリ止音OKでした。

見かけもそれほど悪くないと思います。 

                  KC290088sd.jpg 

U1タイプで補助ダンパーが付いているのと付いて無いのがあると先に書きましたが、先日同じ日にU1タイプのピアノを二台調律した際に気づきました。
一台はU10Aで補助ダンパーが一個付いていました。もう一台はUX10でこちらには補助ダンパーは付いていませんでした。

普通はUX系の方が音が良いはずだし、伸びもあるはずなので補助ダンパーが付いていてもおかしくないはずなのに、まさか製造段階で一台一台チェックして、必要があるピアノにだけ付けたりしているとは量産ピアノでは考えられない・・・。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。