♪HarmonyPark♪

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調律時

2015.10.21 (Wed)
先日お客様宅に調律にお伺いした時のことです。
そのお宅には友達が遊びに来ていました。
しばらく別の部屋で遊んでいたのですが、普段見れないピアノの内部が見れるものだからやがてピアノのそばに寄ってきました。
しばらくは調律の様子を見ていたのですが、そのうち鍵盤にさわってアクションの動きを見始めました。そして小さく音を出すようになりだんだん大きな音を出すようになりました。調律は高音の方をしていたので聞き取れないことなくそのまま黙っていると、やがて楽しそうに連弾が始まりました。さすがにそれでは調律に支障がでるため優しく「ごめんなさい!調律の音が聞こえないんですけど…」と言うとピアノから離れてくれました。
調律が終わってからたくさん弾いてくださいね!

ピアノ補助キャスター

2015.10.06 (Tue)
某多目的集会場においてあるピアノの補助キャスターです。
おそらく鉄骨職人さんが作られたのだと思いますがよくできています。
普段このピアノは用具部屋に置いてあり使うときだけホールへ出します。
形が丸いので壁の角に引っかかることもなく割と簡単に一人でピアノの移動ができます。
CA3J0053.jpg

裏は幅の広いキャスターが4個取り付けてあります。

CA3J0054.jpg

難点はペダルの位置が高くなることです。
しかし、それを理解した上でペダルの下に板などを敷いて使えば良いことです。

朝からテンションが↓

2015.07.13 (Mon)
調律時は極力ピアノを磨くようにしていますが、こう暑いと汗だくになります。
ピアノを磨いた布です。 朝一からこんな状態だとやる気がダウンします。
ピアノ拭き布

コンパクトライト

2015.06.03 (Wed)
調律作業は多少暗くても出来ますが、整調作業や修理などの場合、特にアップライトのペダル周りの作業の場合あかりがほしく  なります。 今はLEDの普及で、コンパクトで高性能なライトがたくさんあります。 私も何個か使ってみました。
しかし電池式の場 合単4サイズでも工具バッグに入れるとなると結構かさみます。
ボタン電池式は小さいのですが電池一個で点くのはそんなに明るくないし、電池を複数使用するものは経済的ではありません。
 そして電池式の場合予備の電池も用意する必要があります。
 以前、いざ使おうとしたときに電池が減っていて使い物にならなかった事が何度かありました。
そこで、ホームセンターに行くたびに良いものはないか探していたのですがなかなか見つかりません。
ある日ふと以前何かの景品でもらったライトが家にあることを思いつきました。

太陽光パネル充電式ライトです。
RIMGlight1.jpg

これは非常にコンパクトで良いのですがスイッチにロックがかからなくて、指で押し続けなければならないのです。
それでは作業性が良くありません。 使うときだけスイッチをビニールテープなどで固定をする方法もありますが面倒だしあまりかっこうが良くありません。
RIMGlight2.jpg
                          
 そこで、針金を使ってスイッチを押すことにしてみました。
 針金をリング状にして強めにライト本体を囲みます。ライトを使うときはこのリングをスイッチの部分に下ろす事により、
 スイッチが入りスイッチONの状態で固定できます。これでスイッチを手で固定する必要が無くなります。
 RIMGlight3.jpg
                           
そしてフレーム等金属部分にライトを固定できるようにマグネットを付けました。
RIMGlight4.jpg
                            
持ち歩きは充電を考えて、鞄の外部の金属部分にくっつけています。
こうする事により鞄内部にしまうスペースも必要なく、見た目もそれほど悪くありません。               
RIMGlight5.jpg
                


プリンター故障・分解

2015.02.15 (Sun)
長年使っていたキャノンのプリンターが故障しました。どうもプリンターヘッドがダメになったようです。一度ヘッドを外して水洗いしてしばらくは使えていたのですが、またダメになりました。ヘッドを替えるとなると料金は新しいプリンターが買えるほどするし、替えたところで本体がいつまで保つかわからないので、新品を買うことにしてこのプリンターは処分(廃棄)することにしました。どうせ処分するなら内部構造を知りたいので分解してみることにしました。
分解の途中経過は略しますが、最後に廃インク吸収体にたどり着きびっくりしました。プリンターは結構使ったつもりだったのですが廃インク吸収体は思ってた以上にまだまだ十分吸収できるほど綺麗でした。
吸収体の黒いところがインクを吸収した部分で白いところがまだ吸収していない部分です。
廃インク吸収体1
廃インク吸収体2
廃インク吸収体3
« Prev  | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。